検索| Search

会場エリア検索

キーワード検索


通夜日時

年月日

告別式日時

年月日

並び替え

白石典義氏が死去 立教学院理事長

白石 典義氏(しらいし・のりよし=立教学院理事長)8月26日、肺がんのため死去、67歳。連絡先は同学院総務部。告別式は近親者で行った。

情報公開日2020年8月31日

引用元:日本経済新聞

吉田清氏が死去 元新日本石油ガス(現ENEOS)社長

吉田 清氏(よしだ・きよし=元新日本石油ガス〈現ENEOS〉社長)8月15日、腎不全のため死去、80歳。告別式は近親者で行った。喪主は妻、豊子さん。

情報公開日2020年8月31日

引用元:日本経済新聞

益子修氏死去 三菱自動車前会長、経営立て直し奔走

三菱自動車の前会長の益子修(ますこ・おさむ)氏が27日、心不全のため死去した。71歳だった。告別式は近親者のみで行った。

1972年に三菱商事に入社。2004年に三菱自動車に転じ、05年に社長に就任。経営危機に陥っていた同社の立て直しを推進した。14年に会長となったが、16年に発生した燃費不正問題を機に社長に復帰した後、18年に再び会長に就いた。16年には主要株主である日産自動車からの出資を取り付け、近年は仏ルノーを含めた3社連合のかじ取りに注力した。8月7日、健康上の理由で会長職と取締役を退任していた。

情報公開日2020年8月31日

引用元:日本経済新聞

元岡山市長 安宅敬祐氏が死去 78歳、1991年から2期務める

元岡山市長の安宅敬祐(あたか・けいすけ)氏が29日、多臓器不全のため岡山市内の病院で死去した。78歳。

自治省(現総務省)などを経て、1991年の岡山市長選で初当選。99年まで連続2期務めた。市制100周年記念事業として計画された岡山チボリ公園事業から撤退。中核市移行などに取り組んだ。退任後は岡山大教授などを歴任。

情報公開日2020年8月31日

引用元:山陽新聞digital

「キミオアライブ」の恵口公生が死去、享年23歳

キミオアライブ」の恵口公生が8月19日に死去したことが、本日8月29日に月刊少年マガジン(講談社)の公式サイトと「キミオアライブ」の公式Twitter(@eguchi_tantou)で発表された。享年23歳。

月刊少年マガジン編集部による文書には「8月17日に緊急入院され、その2日後に享年23歳にて逝去されました」と説明が記された。また「恵口先生は読む人の心に届く力強さとあたたかさを併せ持ち、多くの読者を魅了する才能あふれる作家でした。まだまだ描きたいテーマや伝えたい想いをかかえ、奮闘する中でのことでありました。編集部としても今後の活躍を確信し、大いに期待していただけに、深い悲しみを禁じえません」と綴られている。なお通夜および葬儀は親族・関係者により執り行われた。

情報公開日2020年8月29日

引用元:コミックナタリー

井上康徳氏さん死去 陶芸家、井上萬二さん長男

井上康徳氏(いのうえ・やすのり=陶芸家・日本工芸会正会員)25日午後0時30分、病気のため、佐賀市内の病院で死去、62歳。自宅は西松浦郡有田町南山丁307。30日午後1時から有田町南原甲1113の11のアイ・セレモニー有田セレモニーホールでお別れの会を開く。午後3時まで受け付ける。喪主は妻江利子(えりこ)さん。

白磁の重要無形文化財保持者(人間国宝)井上萬二さんの長男。成蹊大卒業後、萬二さんに師事した。1983年の日本伝統工芸展で初入選し、公募展で数々の受賞歴がある。佐賀県美術展(県展)では98、2005年に知事賞を受賞した。

情報公開日2020年8月28日

引用元:佐賀新聞LiVE

きんた・ミーノさん死去 歌手、タレント

きんた・ミーノさん(本名弓庭規生=ゆば・のりお=歌手、タレント)25日、肺炎のため死去、59歳。和歌山県出身。葬儀は近親者で済ませた。
コミックバンド「おかげ様ブラザーズ」のボーカルとして活動。テレビやラジオに多くのレギュラー番組を持つなど、タレントとしても活躍した。

情報公開日2020年8月28日

引用元:JIJI.COM