検索| Search

会場エリア検索

キーワード検索


通夜日時

年月日

告別式日時

年月日

並び替え

中村睦男氏死去(元北海道大学長)

中村 睦男氏(なかむら・むつお=元北海道大学長)4月17日、心不全のため札幌市の病院で死去。81歳。同市出身。自宅は北海道北広島市。葬儀と告別式は近親者で行った。喪主は妻美和子(みわこ)さん。
2001-07年北大学長。18年からアイヌ民族文化財団理事長。北海道白老町で開業予定のアイヌ文化施設「民族共生象徴空間(愛称ウポポイ)」の準備、調整に携わった。

情報公開日2020年5月11日

引用元:JIJI.COM

北村精章氏が死去 元技研製作所会長

北村 精章氏(きたむら・あきのり=元技研製作所会長)3日死去、85歳。連絡先は同社総務部総務課。偲ぶ会を行うが日取りなどは未定。喪主は妻、伸子さん。

情報公開日2020年5月11日

引用元:日本経済新聞

落語家 笑福亭鶴志さん死去 64歳

松竹芸能によると落語家の笑福亭鶴志(かくし=本名・冨松和彦)さんが8日、大阪府内の病院で亡くなりました。死因は心不全・腎不全。64歳でした。通夜は10日、告別式は11日に家族葬で営まれる。
大阪市出身。1974年6月に六代目笑福亭松鶴に入門。82年、ABC落語漫才新人コンクール最優秀新人賞。97年に大阪文化祭賞奨励賞を受賞。

情報公開日2020年5月8日

外交評論家の岡本行夫氏が死去 新型コロナウイルスに感染

外交評論家で、小泉内閣橋本内閣で内閣総理大臣補佐官を務めた岡本行夫氏が、新型コロナウイルスに感染し、亡くなっていたことが、外務省関係者への取材でわかりました。74歳でした。

岡本行夫氏は、外務省の北米第一課長などを歴任したあと、外交評論家になり、当時の橋本内閣で沖縄問題担当の総理大臣補佐官を務めました。その後、小泉内閣でも総理大臣補佐官に任命され、イラク戦争が終結したあとの復興に向けた政府の支援策の検討にあたりました。総理大臣補佐官を退任したあとは、外交評論家としてテレビに出演するなど活動していましたが、外務省関係者によりますと、新型コロナウイルスに感染し、先月下旬、亡くなったということです。

情報公開日2020年5月7日

引用元:NHK

田中猛氏が死去 元シベリア抑留者

田中 猛氏(たなか・たけし=元シベリア抑留者)5月7日、心疾患の合併症のためロシア極東ハバロフスクの病院で死去、93歳。市民団体「シベリア抑留者支援・記録センター」が明らかにした。

長崎工業学校を卒業後に中国・大連の南満州鉄道(満鉄)の研究所に就職。1945年に召集され関東軍に入隊し、終戦後に旧ソ連に抑留された。シベリアで捕虜生活を送り、49年10月に帰国。月刊誌編集長などを経て95年からハバロフスクに移住し、日本語教師を務めていた。

情報公開日2020年5月7日

引用元:日本経済新聞

囲碁の本田幸子七段が死去

本田幸子さん(ほんだ・さちこ、囲碁棋士七段)1日、老衰のため死去。89歳。葬儀・告別式は近親者で行った。

昭和22年入段。57年に第1期女流本因坊を獲得するなど、タイトル獲得通算7期。門下に向井千瑛(ちあき)五段ら。姉の杉内寿子(かずこ)八段、妹の楠光子(てるこ)八段も囲碁棋士。

情報公開日2020年5月7日

引用元:産経新聞

中藤信氏が死去 元石川島播磨重工業(現IHI)副社長

中藤 信氏(なかふじ・しん=元石川島播磨重工業〈現IHI〉副社長)4月4日、悪性リンパ腫のため死去、86歳。連絡先は同社秘書部。告別式は近親者で行った。喪主は妻、他恵子さん。

情報公開日2020年5月7日

引用元:日本経済新聞